ドライブレコーダーによる危険運転・事故動画

Youtube上にある自動車の危険極まりない運転や事故の動画を掲載していきます。面白半分ではなく注意喚起として参考にしてくだされば幸いです。

ドライブレコーダー

【iPhone】 雨の夜間に無料ドライブレコーダーアプリを試してみた

投稿日:

無料ドライブレコーダーアプリのテストと言うよりも、
考えてみれば、
普通に iPhone で動画撮影するテストと変わらないですね。 (苦笑)
6splus で撮影。アプリは無料の「ドライブレコーダーZ」というものです。

感想は「あくまでも記録用」ですね。
例えば、他車のナンバープレートなどは、
車列に付いたときに前車のナンバーの平仮名が判る程度で、
走行する対向車のナンバーなどは前照灯との明暗差から、
判読することは殆どできませんね。
車種と塗色が判る程度だと思っていた方が無難だと思います。
信号の地名看板も判読しづらいレベルですね。

また、信号を含めた電光物も、
実際の見た目とはだいぶ違っている印象です。
辛うじて信号の色が判読できる程度?

やっぱり、 iPhone はiPhone 。
どんなに使い勝手の良いアプリが登場したところで、
カメラそのものは iPhone なわけで、
高価で高性能なドライブレコーダーの実機にはなりません。

今回使用した無料アプリに関しては、う~ん…。
そのままプリセットのアプリで動画撮影した方が早いのでは…!?
今回は撮りっ放しのテストなので、衝撃感知の反応などは分かりません。
(衝撃前の記録はされないアプリかも!?)

なお、今回はダッシュボードに置いたスマホ用の置台に、
iPhone を乗せて固定させて撮影をしてみましたが、
ドライブレコーダー的に証拠記録用として動画撮影をするのであれば、
やはりルームミラーとフロントガラスの間あたりに
iPhone を設置・固定するのがベターだと思います。
特に前照灯が照らす方向で固定されているので、
右左折時などはより広角な画角での記録が要求されることになるでしょう。

当り前ですが、iPhone のカメラに限らず AF が働いてしまう場合、
ピントが合うまでに僅かな時間を要してしまいます。その間、ピントは合いません。
カメラの AF は通常手前にあるものに合わせようとするので、
フロントガラスの雨粒や往来するワイパーにピントを合わせようとしている個所が
多々あるのがお判りいただけるかと思います。

比較的明るいコンビニの駐車場~街中~幹線道路~街中の暗い道と走ってみました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ドライブレコーダー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライブレコーダー

【ドライブレコーダー】世界のドラレコ、車大破!超危険な危ない事故の瞬間【事故】Traffic accident in the world car crash compilation

車大破!大事故の瞬間をドライブレコーダーが捉えた、世界の危険な事故な瞬間 トラック事故に巻き込まれた普通車のドライブレコーダーの映像や、マジ危ない事故など、 ドライブレコーダーが捉えた、危険な事故の瞬 …

柏 車 ドライブレコーダー 便利

Thieye E7 ドライブレコーダーモード 1280×720 120FPS撮影

Youtubeの仕様上60fpsになっていますが、元のファイルは120fpsで投稿しました。

オウルテック 常時録画ドライブレコーダー 広角で明るいレンズを搭載したコンパクトなドライブレコーダー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。