ドライブレコーダーによる危険運転・事故動画

Youtube上にある自動車の危険極まりない運転や事故の動画を掲載していきます。面白半分ではなく注意喚起として参考にしてくだされば幸いです。

ドライブレコーダー

メイドインジャパンにこだわるドライブレコーダー“セルスター工業” | レスポンス(Response.jp)

投稿日:

メイドインジャパンにこだわるドライブレコーダー“セルスター工業” | レスポンス(Response.jp):
https://response.jp/article/2018/04/25/308962.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください。

近年ドライブレコーダーの人気は急上昇中だ。昨年、社会問題にもなったあおり運転が原因の死亡事故などもドライブレコーダーに注目が集まっている一因。そんな中、ドラレコの開発をペースアップし、新製品を続々投入しているセルスター工業。自社工場による国内生産などクオリティの高さも魅力の同社に取材に訪れた。◆驚異的なペースで普及が進むドライブレコーダー《セルスター工業の副社長 勝永直隆氏》近年大きな注目を集めているドライブレコーダー、最近ではクルマへの装着アイテムとしても注目ランキングの上位に位置するアイテムになっている。そこでドライブレコーダーの製品開発に力を入れるセルスター工業の副社長・勝永直隆さんに近年のドライブレコーダー事情や、同社の製品開発についてお話をうかがった。「昨年から今年に掛けてドラレコは前年同月比で2~3倍という驚異的なペースで需要がアップしています。しかもそのペースはすでに半年以上鈍っていません。これは一過性のブームではなくドラレコがしっかりと定着したことの表れだと感じています。現状ではドラレコの装着率10%程度ですが、将来的には50%程度までは拡大していく市場だと考えています」。さらにセルスター工業ではドラレコ人気の一因が女性の意識の変化にもあることを感じているという。「販売店などからの声でも感じているのですが、ドラレコを利用したいと考えている女性ユーザーが増えています。安心感のためにドラレコを付けたいというケースが増えているというのです。シートベルトを装着するのと同様に、ドラレコを取り付けることで安心感を得るという考え方がかなり定着してきているようです」。特別なユーザーではなく、ドライバーなら誰もが取り付けるアイテムになっていることをうかがわせるこのエピソード。ますますドラレコの装着率がアップすることは間違いなさそうだ。◆自社工場による国内生産で高品質を堅持する需要が大幅拡大を続けるドラレコだが、海外製の廉価製品も数多く登場している。しかし安全、安心のための装備であるドラレコなのでセルスター工業では品質の高さに特にこだわったもの作りを実践している。その象徴となるのが自社工場での国内生産だ。同社では10年以上前から同社は国内生産を実施、海外生産では得られない数々のメリットを製品にフィードバックしているのだという。メリットのひとつは品質のチェックが徹底できること。それにより徹底した高品質化を図っているのが同社製品の特徴だ。同社製品は量販店などの販売ルートに加えて、トヨタ部品大阪共販へオリジナルのドラレコを供給している。品質管理に厳密なトヨタ・ディーラーで扱われることも同社製品のクオリティの高さの証と言えるだろう。また市場の声を反映させて次の開発につなげる製品開発のスピード感も自社工場・国内生産ならではの魅力だ。実際に市場からのリクエストを受けて追加機能として採用したのが「パーキングモード」だ。ある販売店から「愛車がいたずらされているので駐車中にドラレコの映像を残せないか?」という相談があったことを受けて、セルスター工業の開発陣が対応。こうしてドラレコのカメラを使った駐車中の監視機能を追加した付加機能が「パーキングモード」だったのだ。さらに自社工場のメリットのひとつがアフタサービス。三重県にある自社工場では同社製品の修理も手がけている。セルスター工業のルーツとなるバッテリー充電器の生産はすでに40年の歴史を誇るが、かなり古いモデルでも部品さえあれば今でも修理が可能なのだという。高品質な製品を長く使ってもらうことこそが同社の願いでもある。充実のアフターサービスはユーザーが側の安心感に加え、修理を手がけることで製品の弱い部分の解析にもつながり、次の製品開発にフィードバックできるのもメリットのひとつだという。今年に入って新たに竣工した第2工場が稼動開始。新工場はドラレコ専用工場とし増産体制も急ピッチで整えている。これにより生産規模は従来の1.5倍にまで増強されたという。高品質なドラレコが最新の工場から次々と生み出される体制が整った。◆最新モデルでは「GPSお知らせ機能」に注目セルスター工業では続々とドラレコの新製品が登場中だ。今年の東京オートサロンで参考出品され登場が待たれていた「CSD-750FHG」も間もなく発売が開始される。ここで新製品の特徴と魅力について紹介してみることとした。このモデルの最大の特徴はGPSによるお知らせ機能の搭載だ。ドラレコの基本機能に加え「GPSお知らせ機能」として事故多発道路・ゾーン30(住宅地など30km/h制限のエリア)、逆走注意エリアを知らせる機能を搭載。さらに取締機のお知らせ機能も備えているのがレーダー探知機を製造するセルスター工業ならでは。これらのエリアに入ると事前に告知してくれるこの機能、安全運転に役立つドラレコの付加機能となった。さらにドラレコの機能として注目なのが「ナイトビジョンVer.2」。高性能・高感度なソニー製のExmor R COMSセンサーの採用で暗い場所でも鮮明な映像を記録できるのが特徴。夜間やトンネル内での映像記録にも対応できる高性能ぶりが魅力となった。また「パーキングモード」にモーション検知が追加されたのにも注目。別売のアダプターを取り付けることで駐車中録画に対応するこのモデル。従来は常時録画と、イベント(衝撃)を検知した際に映像を記録していたが、新たにカメラの前に何らかの動きがあった場合にも映像記録をはじめる「モーション」にも対応、クルマの前を横切る怪しい人影などにも反応してすぐさま記録するので安心感が高い。最大12時間の録画が可能で駐車中の愛車の監視には絶好だ。間もなく登場する「CSD-750FHG」をはじめ、ドラレコの開発を加速させているセルスター工業。こちらも東京オートサロンで展示された前後2カメラ搭載の「CSD-790FHG」も急ピッチで開発が進む。さらに2018年から正式な商用サービスがはじまる準天頂衛星によるGPS(QZSS)に対応することでGSPの精度も大幅にアップ、よりピンポイントでのお知らせ機能が利用可能になる。このように同社のドラレコの高性能化は急ピッチで進んでいる、今後のモデルリリースにも期待したい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ドライブレコーダー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライブレコーダー

ドライブレコーダー上海問屋 ドスパラ SN-914778 夜の走行

ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 27

ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 27 ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 27 ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 2 …

ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 31

ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 31 ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 31 ドライブレコーダーは見た! 2018 ハードクラッシュ厳選集 3 …

iCamecho ドライブレコーダー

信号待ち中に後方から追突された経験があり、後方録画が必須でした。 バックカメラは防水性とレンズ汚れが不安でしたので社内に取り付けしています。 ナンバー読み取りができるか不安でした・・・ 夜の雪が残る道 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。